登録品種データベース

  English
詳細情報  
作物区分 食用作物
農林水産植物の種類 Oryza sativa L.
(和名:稲種
出願品種の名称及びその読み コシ泉水
(よみ:コシイズミ  )
出願公表時の品種名称
出願番号 26810
出願年月日 2012/03/08
出願公表の年月日 2012/06/19
登録番号 23807
登録年月日 2015/01/14
品種登録の有効期限 25
育成権の消滅日
品種登録者の名称及び住所
国立大学法人鳥取大学 (680-8550 鳥取県鳥取市湖山町南四丁目101)
幸福米穀株式会社 (572-0073 大阪府寝屋川市池田北町15番1号)
国立大学法人静岡大学 (422-8529 静岡県静岡市駿河区大谷836)
登録品種の育成をした者の氏名
富田因則
北本武
登録品種の植物体の特性の概要
 葉耳のアントシアニン着色の有無は無、初期の止め葉の姿勢は立、出穂期はかなり早、稈の太さはやや太、稈の長さ(浮稲品種を除く。)はかなり短、穂の主軸の長さはやや短、穂数は中、芒の有無は無、外頴の毛じの粗密は中、外頴先端の色は黄、穂の主軸の湾曲度は垂れる、穂型は紡錘形、穂の抽出度は穂軸もよく抽出、成熟期は極早、頴の色は黄白、護頴の長さは中、護頴の色は黄白、籾の千粒重は中、玄米の千粒重は中、玄米の長さは中、玄米の幅は中、玄米の形は長円形、胚乳の型は粳、耐倒伏性は強、脱粒性は中である。   出願品種「コシ泉水」は、対照品種「豊コシヒカリ」と比較して、稈の長さ(浮稲品種を除く。)がかなり短であること、成熟期が極早であること、脱粒性が中であること等で区別性が認められる。対照品種「ヒカリ新世紀」と比較して、稈の長さ(浮稲品種を除く。)がかなり短であること、成熟期が極早であること、脱粒性が中であること等で区別性が認められる。

出願品種の画像
26810-002 , 26810-003 , 26810-004 , a004 出願品種 「コシ泉水」 移植後 , b004 出願品種 「コシ泉水」 最高分げつ期 , c004 出願品種 「コシ泉水」 出穂期 , d004 出願品種 「コシ泉水」 成熟期 , e004 出願品種 「コシ泉水」 籾・玄米比較