ホーム>> 品種登録制度について>> よくある質問>>電子出願/電子納付編
−よくつかう項目−
出願手続編

問1 品種登録の電子出願をしたいのですが、どうすればいいですか。
まずは、品種登録出願システムのID・パスワード申請書を提出(郵便)していただきます。ID・パスワード通知書が届いたら品種登録ホームページ内にある品種登録出願システムにログインして電子出願してください。なお、あらかじめ、品種登録ホームページで出願システムの説明書などをご覧いただき入力してください。
問2 品種登録出願のためのマニュアルや様式はどうすれば手に入りますか。
品種登録ホームページに掲載しています。電子出願では願書の項目毎に、入力フォームで入力していただきますので、入力ガイドに沿って入力してください。出願後に控として紙の願書様式で印刷することも可能です。
問3 電子出願の場合、出願内容に不備があった場合はどうなるのですか。
入力アシスト機能により、記載漏れ等があった場合は出願できません。なお、必要事項を入力して出願した後で内容に不備等があった場合は、自主出願補正書をシステムからアップロードすることで自主補正することが可能です。
問4 出願料は今までどおり収入印紙で支払うのですか。また現金での支払いでもかまいませんか。
電子出願の場合は、画面で通知された納付番号等により「ペイジー」を利用してインターネットバンキング又はATMで納付していただきます。なお、出願から15日を過ぎると支払いができなくなります。その場合は収入印紙(47,200円分)を自主補正書に添付して農林水産省知的財産課種苗室まで郵送してください。なお、さらに15日を過ぎますと農林水産大臣名の補正命令が発出されます。命令日から15日以内に支払われないと出願が却下されます。
問5 電子出願を受け付けてもらえたかどうかを確認する方法はありますか。
品種登録出願システムのトップページからログインしマイページで確認できます。ステータスが「出願納付待ち」になっていれば出願を受け付けています。
問6 添付する書類はPDFにする必要があるとのことですが、コピーをPDFにしたもので構いませんか。
証明書等や押印のあるものは原本をスキャナーで読み取り、写真や説明書等のパソコンで作成したものはそのファイルをPDFにして添付書類のアップロードページからアップロードしてください。
問7 譲渡証明書はコピーでも構いませんか。
原本をスキャナーで読み取り、PDFを添付書類のアップロードページからアップロードしてください。
問8 写真は別途郵送する必要がありますか。
写真も他の添付書類と同じくPDFにしてアップロードできます。なお、A4の台紙に貼り付けたものをスキャナーで読み込むか、又はワードファイル等にデジタル写真を貼り付けてA4サイズで作成したものをPDFにして、添付書類のアップロードページからアップロードしてください。また、用紙の余白部分には出願品種の名称、撮影年月日及び撮影場所(対象品種も同じ。)を記載してください。
問9 登録されたという通知が届きました。30日以内に登録料を納めないと則取消になるのでしょうか。
取消になります。初年度分は追納期間を設けていませんので、忘れずに納付してください。電子納付の方法は、システムにログインし登録料納付の画面で手続後、画面で通知された納付番号等により「ペイジー」を利用してインターネットバンキング又はATMで納付していただきます。
問10 何年分納付しているのかわかりません。確認する方法はありますか。
品種登録出願システムで過去分の登録料の納付状況がご確認いただけます。登録条件検索により登録番号を検索してマイページに追加してご確認ください。
問11 過去に登録したものは、登録料の納付はこれまでどおり収入印紙を納付書に貼って郵送する方法でしょうか。
過去に登録されたものも登録条件検索により登録番号を検索してマイページに追加して電子納付することができます。登録料納付の画面で手続後、画面で通知された納付番号等により「ペイジー」を利用してインターネットバンキング又はATMで納付していただきます。なお、今までどおり登録料納付書に収入印紙を貼って郵送する方法でも受付けます。
問12 登録料の納付期限が過ぎていることがわかりました。取消になりますか。
育成者権を維持するためには定められた登録料を納付しなければなりません。納付期限は、1年目は品種登録公表後30日以内、2年目以降は各年の登録日までです。ただし、2年目以降は、納付期限後6ヶ月以内に割増料金を追納すれば登録を継続することができます。なお、電子納付の場合、納付手続後、納付期限(1年目は30日以内、2年目以降は登録日(土日祝の場合は次の平日。以下同じ。)までにペイジーで納付しないと電子納付ができなくなります。納付期限を過ぎますと1年目は取消しになり、2年目以降の場合は登録料と同額の追納金が発生しますので、再度手続が必要です。
問13 写真ファイルがたくさんあるが一度にアップロードできますか。
一度にアップロードできるファイル容量は10MBまでです。写真等容量が大きいものはファイルを複数回に分けてアップロードしてください。
問14 出願料不要機関との共同出願を予定しています。出願料や登録料は持ち分に応じて自分で計算して納付するのですか。
出願システムにおいて自動計算して画面に料金を表示しますので、金額を確認したら納付申請をしてください。受付後、画面に表示された納入番号等で当金額をペイジーで納付していただきます。
問15 共同出願(代理人なし)を予定しているが、その場合、共同出願者もID番号等が必要ですか。
ID番号はシステムにログインするために必要ですが、電子出願はどちらか一方が代表して手続を行っていただきます。したがって共同出願者がシステムログインする必要がない場合は申請は不要です。登録後の登録料についても代表が納付することになります。
問16 添付書類はPDFでアップロードするとのことですが、外国の出願者からメールで送られてきたものでもよろしいでしょうか。
原本をPDFにしたものであれば大丈夫です。ただし和訳の添付は必要です。
問17 ID番号を会社の複数人で利用したいのですが可能ですか。
セキュリティー上複数での使い回しは望ましくありません。複数人でログインする場合は、ID番号追加機能で追加のID番号を申請して下さい。
問18 ID番号の使用者を会社の部署名にした場合、後任に引き継げますか。
可能です。ただし、複数人での使い回しはセキュリティー上望ましくありませんのでお控えください。なお、後任者はパスワードを必ず変更してください。
問19 ペイジーで電子納付した日は後日出願システムで確認できますか。
ペイジーで納付するとシステム画面は納付済のステータスになりますが、ペイジーでの納付日は表示されません。ATMから出る入金票やネットバンキング画面等でご確認をお願いします。
問20 代理人が電子出願したものを、後で出願者自らが補正したり、差し替えのファイルを送ったりできますか。
できません。代理人のIDで電子出願したものは、代理人でないと見ることができませんので出願者による補正はできません。
問21 様式第2号の説明書は入力フォームがないようですが、どのように作成・提出するればいいですか。
品種登録ホームページから様式2号説明書様式をダウンロードし、作成したファイルをPDFに変換して写真や証明書などと同様にアップロード画面からアップロードしてください。
問22 IDの発行は日本だけに限られますか。外国からでも申請できますか。
外国の方でも申請は可能ですが、ID・パスワード通知書の郵送は日本国内に限られますので、日本国内での受取先が必要になります。
問23 ID・パスワード通知はメールで申請することは可能ですか。
なりすましなどの防止のため郵送でやりとりすることにしていますので、メールでの送付はできません。
問24 電子納付では願書や納付書の受理日とペイジーでの納付日にはタイムラグがあると思いますが、納付期限などはどうなりますか。
受理日(出願や納付を手続した日)に発行されたペイジーの納付番号の有効期限については、出願料は15日以内、初年度の登録料は登録日から30日以内、2年目以降の登録料は登録日までとなります。それまでにペイジーで支払いを済ませてください。(登録日が土日祝の場合は次の平日。)
問25 ログインしたマイページに今まで出願したものは自動で表示されますか。
一覧に表示したい登録済みの品種を登録番号で検索して表示できる仕様になっています。サービスイン時に最初から自動で表示はされません。
問26 都道府県も民間法人のようにユーザIDを複数持てますか。
都道府県にも法人番号が割り振られているので、可能です。
問27 IDの有効期限1年間について、最初のIDと追加したIDでは、それぞれが個別になるのですか。例えば、元のIDが、1年間ログインしなかった場合、追加したIDも一緒に無効になることはありますか。
追加IDは最初のIDに紐付いているのではなく、最初のIDも2番目以降追加されたIDも法人番号に紐付いています。したがって、元のIDが無効になっても2番目以降のIDは残りますので無効になることはありません。
問28 法人ですが電子出願の担当者が異動になりました。ID番号等はどうなりますか。
「品種登録出願システム登録者変更届」を提出してください。変更後の担当者名とメールアドレスをご記入ください。これにより以前のIDを引き継ぐことが可能です。
問29 電子出願後、収入印紙で納付する場合のタイミングについて、電子出願後、速やかに、自主補正書に収入印紙を貼ってお送りすることで良いでしょうか。具体的には、システム上での「納付申請」をせず、ということで良いでしょうか。
速やかに自主補正書に出願料分の収入印紙を貼付して提出いただければ結構です。なお、15日を過ぎますと補正命令手続が開始され、数日後納付するようにとの農林水産大臣名の補正命令が届きますので、命令書の日から15日以内が納付期限となります。納付期限までに納付されませんと出願が却下されます。なお、補正書と自主補正書は様式が異なりますのでご注意ください。 また、システム上「納付申請」をしないでください。「納付申請」をしないと、納付番号等は通知されませんが、農林水産省に願書のデータが届いているので出願は受理されています。
問30 承継により電子出願中の品種の出願者を名義変更する場合は、名義変更を受けるものがID等を引き継ぐのか。
一般承継の場合は、「特定承継による出願者の名義変更届出書」(以下名義変更届書)と一緒に「品種登録出願システム登録者変更届」をお送りください。これにより以前のIDを引き継ぐことが可能です。 特定承継の場合で名義変更を受ける者がまだIDを持っていない場合は、新規にIDを発行しますので、名義変更届出書と一緒に「品種登録出願システムID・パスワード発行申請書」を提出してください。 なお、既にIDを取得されている場合は、名義変更届書をもって、農林水産省で出願番号とIDの紐付けを修正しますので、ID発行、ID変更手続は不要です。
問31 品種登録後に育成者権の移転をする場合は、移転先が登録料の納付をするのにはIDを引き継がなくてはいけないのか。
登録後は、IDに紐付かなくても、随時、登録番号等で検索した品種をマイページに登録して登録料の納付や納付状況の確認ができます。よって移転先が新規にIDを取得すればよく、IDの引き継ぎや紐付けの修正は必要ありません。なお、育成者権者以外の専用利用権者等の納付も想定して、どの登録品種でもマイページに追加できる仕様になっていますので、一覧表の育成者権者名などをよく確認し、他者の登録品種の納付をしないようお気をつけください。



このページの先頭へ戻る
ホーム >> 品種登録制度について >> よくある質問

Copyright:2011 Intellectual Property Division,
Food Industry Affairs Bureau, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
〒100−8950 東京都千代田区霞が関1-2-1 電話:03-3502-8111(代表)
農林水産省 食料産業局 知的財産課